投稿日: カテゴリー 金銭トラブル

入居者の家賃滞納時の対処方法

入居者の皆さんが毎月の賃料を正確にお支払い頂いている物件は多いかと思いますが、稀に家賃滞納されている方がいらっしゃるようです。賃貸保証会社との契約をする以前から入居されている方や、保証人不在の方が家賃滞納した際の対処方法を記載します。


1.家賃滞納の事実を記録しておく

家賃滞納者の多くは振り込んだと思っていた。や引落しされていると思っていた。という言い訳をします。ですが、入金確認をすれば、入金されていないことは明らかになります。家賃が数日でも送れるようなことがあれば、逐一記録し、残しておく必要があります。


2.家賃の催促をする

家賃滞納者の多くは、払わないでおけたらラッキー。ぐらいの甘い考えをしている方が大半を占めます。給料日等の違いがあれど、賃貸借契約書には支払期日等の記載は必ずされているので、期日までに入金して頂かなければなりません。入金確認が出来ない場合は、早急に入居者に連絡し、家賃を払ってもらいましょう。


3.連帯保証人に連絡する

家賃の催促をしているにもかかわらず、一向に家賃を入金してこない滞納者もいるでしょう。そのような方を放っておくとそのままにされることがあります。連絡が取れなくなる方も多いので、その際には連帯保証人に連絡するようにしましょう。


4.職場に連絡する

連帯保証人に連絡をしようとしても保証人も連絡が取れない場合もあります。本来は連帯保証人から家賃を保証して頂く必要がありますが、困難な場合もあります。その際には、滞納者の勤務先にも連絡しましょう。滞納者が勤務しているのか、困っている。等対応してもらいましょう。


5.身内に連絡する

1~4までの対応をしても何も連絡してこない滞納者は、人知れず引越ししている場合も考えられます。このような場合には、滞納者の身内を探し連絡する必要があります。身内の方に安否の確認をしていただく事も必要になります。


6.警察に協力要請する

以上の事をしても居場所等もわからず連絡も取れない場合には、警察立会いのもと室内を捜索していただきます。もしかすると室内で死んでいる可能性があるからです。このような場合には、必ず警察に立ち会ってもらう事を忘れないで下さい。

たとえ自身が保有している不動産物件だからと言って、賃貸借契約を締結している以上、勝手にドアを開錠することは禁止されています。


7.賃貸借契約を破棄する

警察立会いのもと室内を捜索しても滞納者が居ない場合には、賃貸借契約を破棄する必要があります。滞納者が居なくなってしまった場合には、裁判所等に申立てをし、賃貸借契約を破棄する必要があります。この行為をしないまま勝手に室内を整理し、他の入居者を住まわせてしまうと、法律で罰せられることがあります。必ず裁判所に申立てをしましょう。


このような流れをしましょう。正式な賃貸借契約の解約が困難な場合には裁判所に申立てをしてから解約しなければなりません。このことを知らずにトラブルになってしまうケースもあります。必ずしてください。重要な事ですので、2回記載しております。

この1~5までの対処をしても滞納者が家賃を支払わない場合には、裁判を起こし、争う事も出来ます。裁判をし、勝訴すればさすがに支払ってくれるでしょう。それでも支払ってくれない場合には、行政の力を使い、取り立てを執行してもらう必要があります。こちらも裁判所等に手続きが必要になります。

家賃滞納が発生した際には、長く住んでいる方だから。や待ってれば支払ってくれるだろうといった考えはしてはいけません。必ず支払いの期日を決め、その日までに払ってもらうようにしましょう。

続きを読む
投稿日: カテゴリー 金銭トラブル

入居者の家賃滞納を代行回収してくれる管理会社があることをご存知ですか?

家主さんがマンション経営をしていくうえで一番の不安要素は「家賃の滞納」だと思います。長年住んでる入居者で言いにくい。や連絡が取れないから。というような理由で家賃の集金を諦めている家主さんも多いはずです。

昨今は「賃貸保証会社」を利用する事により家賃の滞納が少なくなっているようですが、これは入居時に加入しなければなりませんので、現在入居している方に請求することは出来ません。

マンションの管理会社を任していない場合や、賃貸保証会社に加入していない場合の家賃滞納を家主さんに代わり回収してくれる会社がある事をご存知でしょうか。

近いサービスでは、「集金代行サービス」というものがあります。集金代行サービスとは家主や管理会社に代わり、家賃集金や督促、立替などを行うサービスになります。

このサービスでは、契約を締結後の家賃の立替などをしてくれるようですが、遡っての家賃を保証してくれるものではありません。どこの会社も契約前のことは知りません。となってしまうのも納得は出来ますが、家主にとっては滞納されたままだとマンション経営に影響が出てしまいますよね。

そのような場合には、弊社【幸真興業株式会社】へご連絡をお待ちしております。

幸真興業株式会社では、不動産管理24グループ全体での賃貸保証の有無を問わず家賃を督促させて頂いております。他社でこのようなサービスをしている会社はないかと思われます。

弊社では家主様に安心してマンション経営をして頂くためのお手伝いをさせて頂きます!家賃の集金や督促、空室対策などマンションを経営していくうえでのお手間を省略させて頂きます!

続きを読む
投稿日: カテゴリー 補修/修繕, 金銭トラブル

管理会社に任せるメリットとは・・・

不動産を保有されているオーナー様で、現在マンションを自身で管理されている方も多くいられるかと思います。管理を任せることによるメリット・デメリットを記載致します。


・メリット

入居者管理・家賃集金・清掃・補修・空室対策・緊急時の対応など、日々のマンションの経営に係る一切の業務を代行してくれます。

入居者からの日々の電話対応、月末月初の家賃の集金、マンション共用部等の清掃、退去時の補修や大規模修繕、空室募集など自身で行うには骨が折れる作業を任せることが出来ます。

マンションの規模によりますが、一棟だけの管理ですと自身での管理も難しくはないかと思われます。しかし、二棟、三棟と多くなると全ての入居者の対応を一人でこなすのは困難になるでしょう。


・デメリット

管理料を払わなければならないので、経費が必要になります。室内補修など工事が必要な際に料金が割り増しになる事もあります。

管理会社も慈善事業ではありませんので、委託料などの名目で経費が必要になります。金額は会社により様々で、家賃総額の3%や5%など、パーセンテージをしっかりと確認する事が必要です。工事の際に業者の工事見積に上乗せし、請求されるようなこともありますので、このあたりには注意をしなければなりません。


簡単に説明すると上記内容が管理会社に任せることによる、メリット・デメリットになります。

管理料については交渉することも出来るでしょうから、話し合いにより決めることをお勧めいたします。弊社でも、全国地域問わず物件の管理を致しておりますので、お気軽にお問い合わせを頂けますと幸いで御座います。

任せる管理会社を間違えると、空室募集していなかったり、入居者対応が悪く空室が増えることもありますので、現在管理会社に任せているが変更したい。と思っているオーナー様からのご連絡もお待ちしております。

お気軽に幸真興業株式会社06-6641-9911までお電話をお願い致します。

続きを読む
投稿日: カテゴリー 金銭トラブル

親族以外の保証人を立てられても入居させて良い?

保証人は、一般的に親族以外でも認められていますが、入居時点で申し込み内容の確認が出来るのであれば、極力、入居者様のご親族での保証人をつけるように指定してください。

これにより、未収金などのトラブル等の際、保証人に連絡が付かないリスクを最小限に抑える事が出来ます。

これは特に自主管理を行っている大家さんなら重要視してください。

契約締結時に、保証人、入居者様共に戸籍上の本籍を記入して頂くのが最善です。もしも夜逃げなど最悪な状況下になった場合、転居先など調べ易くなります。

入居者様とも連絡が取れなく、家賃入金が未収になる場合は、前述の住所地から転居先など連絡の取れる先を探し、見つけていく事になります。

家賃未収金ゼロの秘訣は、取り立てではなく事前にトラブルを防ぐ体制作り

実際に当社、株式会社MHC(不動産管理24)では「家賃未収金ゼロ」を特に大きな強みとしている事から、家賃未収金を予防するため、予め安定した集金運営が出来る体制作りを特に重要視しています。

近頃は保証人不要物件が多く見られる様になって来ましたが、金銭面の余裕や管理ノウハウの蓄積されていない個人大家さんがそれを行う事も、同様に危険です。

是が非でも入居者様を付けたいお気持ちはよく分かりますが、その先にあるリスクを加味した上での準備、判断をおすすめします。

未収金トラブル発生時、仮に上手くを回収出来たとしても、その手間は膨大です。トラブルの起きる率を最小限に抑える事が大切です。

続きを読む
投稿日: カテゴリー 金銭トラブル

壁を損傷させた入居者様が修繕費を払ってくれない!

入居者様の退去時、本人の不注意によって壁が破損している事が分かりました。当然修理費を請求したのですが、素直に払ってくれません。どうすれば良いでしょう?

大家さんと入居者様の関係として、一番気が重い事の一つです。

実は既にご加入されている保険によっては、そちらで修理費を賄う事が出来たりします。入居者様と争うよりもこちらの方が合理的なケースもありますので、管理会社または保険会社に確認してみてください。

また、当社では保険会社との手続き代行も承っております。

気が重くなりがちな交渉、手続きを大家さんに変わって行う事も大事な業務です。こちらでのご相談も随時受付けていますので、お気軽にどうぞ!

続きを読む
投稿日: カテゴリー 金銭トラブル

入居者様の家賃滞納解決マニュアル

家賃支払いが遅れがちな入居者様。大家さんの立場としては出来るだけ期日通りに入金してもらって、経営を安定させたいですよね。

滞納が遅れるのが癖になっている入居者様は、どんどん感覚が甘くなって行きがちです。

大家さんとしても遅れてはいてもに入金してくれていた入居者様なので、変に圧力を掛けてトラブルとなっても困ります。

そこで、個人大家さんでも出来る、入金遅れや滞納しがちな入居者様に対しての流れをまとめてみました。ぜひご参考ください。

支払いが滞納、遅れがちな入居者様へのおすすめ対応の流れ

話し合い

まずは何にしても入居者様とコミュニケーションを取ってください。

まず電話で事情を聞いてみて、入金日を守って欲しい旨を柔らかく伝える事を話すだけで、多くの滞納癖のある入居者様に関する問題は解決します。

書類を作成

何度かコミュニケーションをとっても解決しない場合、または電話になかなか出てくれない場合、実際に書面で伝える事になります。

入居契約の確認等を促す文章を作成して投函してください。

内容証明を送付

上記まででも解決しない場合、訴訟に関する事項を盛り込んだ内容証明を送るしかありません。

これらの書類の作成が苦手、不安であれば行政書士に依頼しても構いませんが、家賃数ヶ月分の規模であれば、一度ご自身で挑戦してみる事もおすすめします。

少額訴訟

内容証明でも解決しない上、滞納家賃が60万円以内であれば即日決裁の少額訴訟を起こします。

訴訟と言えば、一般的に弁護士に頼んで・・・と、とにかく手間とお金が掛かるイメージがありますが、自身で管理まで行う大家業を続けて行かれるならこれくらいは自分で出来るようになっておくべきです。

自分でやって手続きを行えば、費用は5000円程度ですみますので、ここまできたら勉強の一つとして是非頑張ってみてください。

ご健闘お祈りします!

集金・督促体制が整っている管理会社に委託するのも手です

家賃の集金と督促は大家業にとって一番負担の掛かる仕事の一つです。そこを信頼して業務委託出来る不動産管理会社に委託するのは、やはり良い方法です。

関西、特に大阪近辺に物件にをお持ちの方は当社「株式会社MHC」にお任せください。物件オーナー様の委託したい業務に併せて柔軟に対応する上、仮に入居者様からの支払いが遅れた場合でも、当社が立て替えて、オーナー様には期日通りの入金を保証しています。

続きを読む