はじめての収益不動産物件はマンション1室 or アパート等1棟?

初めての不動産投資を考えている方にマンション1室買いとアパートなどの一棟買いではどちらがいいのか。比較していきます。


マンション1室の場合

・価格が比較的安価
・購入時のコストも安価
・融資を受けやすい
・賃料が安価
・収益が少ない
・維持費用が安価
・管理が比較的簡単
・入居者トラブルが発生しにくい

ポイントとしては上記内容になります。単身マンションやファミリーマンションで違いはありますが、大幅に変わることはないでしょう。1室のみの投資の場合は、支払いと収入の差額が少額になる事が多いです。購入時入居中の部屋であっても、購入後に退去されることも多く、いかに入居者を確保し継続的に住んでもらうのか。が重要になってきます(どこも同じですが)。

多くの入居者を相手にしなくていいので、個人で維持管理を行う場合にもオススメ出来ます。分譲マンションには、管理組合が入っていることが一般的なので、日常生活のトラブルなどは管理組合で解決されることが多いです。問題のある入居者が住んでいる場合には対応を求められることもしばしばあるようですので、入居者を見極めることも必要になります。

たとえ、駅近くの好立地マンションだからといって、安易に購入する事は避けた方が良いです。周辺環境の変化(例えば新築マンションの建築)により、その物件の価値が著しく低下することもよくあります。このような物件を購入してしまうと、入居者が現れなくなり空室のまま、ローンの支払をしなければならなくなり、自身の生活を苦しめることになるので、物件を慎重に選ぶ必要があります。


一棟アパートの場合

築古物件が多い
・価格が高価
・融資が受けにくい
・維持費用が高い
・入居者の管理が大変
・トラブルが発生しやすい
・収入が多い
・空室が目立つ

アパートの収益物件は築古物件が多く、銀行からの融資を受けにくい物件が多いようです。初めての不動産投資には不向きではないでしょうか。ですが、利回りだけで考えるとマンション1室とは違い10%を超えるような物件もあります。しかしこれは満室になれば。ということで、築古アパートに住みたい。と思う人は年々少なくなっていますので、満室になるのは難しいのではないでしょうか。賃料を減額し、入居者を募集しても満室になるのかどうか。。。というレベルの物件が多いので、気を付けなければなりません。

複数の入居者が居るので、トラブルがしばしば発生することもあり、マンション1室に比べると維持管理が大変になります。

満室になれば、マンション1室とは比べ物にならないぐらいの収入を得ることが出来ますが、満室になれば。です。目先の利益だけを考えないようにしなければなりません。


上記が比較になります。どちらも物件選びを慎重にしなければなりません。比較的投資物件として購入しやすいのは、マンション1室の方ではないでしょうか。

融資を受けず、利益を考えればアパート。少しずつ利益を得るならマンション1室。のような感覚で覚えて頂ければいいかと思われます。