町の不動産屋を使った収益物件の探し方

弊社のような地域密着型の不動産店舗で収益物件を探す場合には、人付き合いが重要になることが多くあります。

地域密着型の店舗はその周辺のオーナー様や地主様との付き合いが豊富で大手企業には手に入らないような情報を仕入れ、独自のルートでお客さんに紹介しているケースもあります。

このような情報は一般に情報開示をすることなく、内々に処理する事が多いのですが、地域で探している方に情報をお教えすることもあります。

例えば、繁華街の1階路面店の様な人気の高い賃貸物件などの情報は、一般に情報を公開する前に水面下で情報を公開し、契約していることが多いです。水面下での情報公開というのは、地域内で出店先を探している方などに情報を公開し検討して貰う事です。

このように水面下で情報を公開して貰うためには、その不動産店舗の営業マンに自身がそこで探していることを知ってもらわないといけません。

その為には不動産店舗に行き、覚えておいて貰うよう話をしましょう。ご希望の条件に沿うかどうかは分かりませんが、ご希望に近い物件情報を教えてくれるようになります。

売買と賃貸の場合では異なりますが、優先的に紹介してもらえる様にお願いすると案外情報を公開してくれるようになります。

相場を逸脱していないことが条件にはなりますので、安くしてくれ!ばかり言う事の無いようにしましょう。それをしてしまうと営業マンは嫌がります。他の不動産業者に情報を持っていくとそれこそ信用問題になりますので、注意しなければなりません。

大手不動産業者には知り得ない情報を、地域密着型の店舗で物件を探す際には、営業マンと仲良くなることが必要だと覚えておいてくださいませ。